世界初!ご家庭・職場で簡単に       飽和水素水をつくれる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機       アキュエラ・ブルー誕生




  還元水中の水素が、還元力の源では?

 還元水=アルカリイオン水には水素が含まれていることをご存知でしたか。 しかしながら、 電解還元水器(アルカリイオン水整水器)では装置の構造上、高濃度の水素は溶存できません。
通常、水を電気分解すると酸性水(陽極水)とアルカリ性水(陰極水)が生成されます。
そしてアルカリ性水が(電解)還元水(=アルカリイオン水)として、飲用に供されてきました。
(下図はアルカリイオン水(還元水)の電気分解の様子)


このアルカリ性水は、酸化還元電位が低く、還元力・抗酸化力が期待できると言われてきました。機能水の研究開発で知られ、130件以上の機能水特許を有しているMiZ社は、1990年代より、 (電解)還元水の研究を進める過程で、

「わずかに溶けている水素(分子)こそ抗酸化力の原因ではないか?」

という仮説を構築するに至りました。以来高濃度の水素水をつくる研究を進めることになります。



 

水素水の研究命題
 「最も飲用に適する中性領域で、飽和水素水をつくる」

電解飽和水素水生成機アキュエラ・ブルーの誕生アキュエラ・ブルー



 また、研究において水素が活性酸素の中でも最も凶暴なヒドロキシラジカルのみを還元・消去 し、水へと変化させることをESR法という手法を用い、他に先駆けいち早く証明致しました。

    (・OHラジカルの水素からの電子引き抜き反応)


(電解)還元水を生成する生成器(アルカリイオン整水器)は、厚生労働省より科学的根拠に基づき家庭用医
療器具として認められています。

(参考)フリー百科事典ウィキペディア「アルカリイオン水」へフリー百科事典「ウィキペディア」の「アルカリイオン水」はこちら



 
 中性かつ高濃度の水素水は至難の技

Ph値と酸化還元電位はシーソーのような関係にあり、これまでの技術では、水素を増やすために電流量を上げると、水素は増え酸化還元電位は下がりますが、同時にアルカリ度が上がって飲用には適さなくなってしまいました。

※飲用可能な水のPH値は、10.5までです。それ以上の強いアルカリ性水は飲用してはいけません。(アルカリイオン整水器協議会)


これまでの電気分解の常識では、水素量とphとを独立的にコントロールすることができず飲用に適した高濃度の水素水を作るのは非常に困難とされてきました。(上図)

しかし、MiZ社開発のアキュエラ・ブルーはこの常識を打ち破りました。

画期的な特許電解技術(特許第3349710)によって、電流量を上げても原水のPh値を変えずに(中性領域のまま)酸化還元電位だけを低くし、水素を1.6ppm以上という過飽和に溶け込ませることに世界で初めて成功いたしました。

このことは水に与える電流が大きく、しかもそのエネルギーを効率よく水素に使えることを意味します。
この独創的電解槽を用いれば、これまで考えられなかった酸性系高濃度水素水という新たな機能水を作ることも可能です。


水素水アキュエラ電解技術についてさらに詳しく

(参考)食品の酸化還元電位
食べ物の酸化還元電位



お問合せ先関東の方はコチラ

水素水TOP
 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue  水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  製品案内
  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集





エリア販売店募集





認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!


当アキュエラサロンお奨めの1冊。水素水ももちろん登場します。



水素水の第一人者、日本
医科大太田
成男教授の本


水素についてより詳しく学びたい方に。東大のイオン研究第一人者による水素と電子