世界初!ご家庭・職場で簡単に       飽和水素水をつくれる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機       アキュエラ・ブルー誕生



水素水の必要性


 水素を取り入れる新しい発想


水素水とは、水素分子(H 2)を高濃度に溶かした水です。
市販のミネラルウォーターや浄水器による水は、塩素やトリハトメタンといった体に悪いものを除去したものですが、水素水は機能水に分類され、体内に発生した活性酸素を還元消去し、酸化ストレスを軽減させるために作られた、より積極的に健康に働きかけるという機能水の一種に位置づけられます。
 
水素を溶かす方法はいくつかの方法があり、これまでの還元水器、アルカリイオン水器でも極低濃度ですが水素が含まれています。アキュエラ・ブルではMiZ社開発の独自の電気分解技術を用い、スイッチひとつで溶存水素濃度を瞬時に高め、市販の水の数百万倍以上の濃度の水素水を生成します。その数値は、飽和水素水1.6ppm(1.6mg/L、20℃)以上という業界最高水準に達しています。

現在、水素水を定義づける濃度の規定はありません。したがって、還元水器、アルカリイオン水器とったわずかな溶存量でも水素水と呼べなくはありません。しかしながら、老化・病気の予防のためにはより高濃度の水素水が望ましいと言えます。また、飲用時に体に負担を掛けない中性の水素水であることも大切だと考えております。



 水素の安全性

 
水素水
水素は、厚生労働省が食品添加物として認可する安全・安心な物質であり、人間の体内を構成する元素のひとつで、重要なエネルギー源でもあります。

取り過ぎによる副作用等の心配もありません。 何より、水として摂取するため速やかに体内の隅々まで浸透すると考えれます。




 このような方におすすめです

たばこやストレスなど私たちの普段の生活の中に活性酸素の発生源がたくさんあるのです。また、呼吸によって取り入れた酸素の約2%が活性活性酸素になると言われています。
 アキュエラ・ブルーで内側からイキイキ、健康になってみませんか。



たばこ

ストレス生活

激しい運動


脂っぽい食事食品添加物

残留農薬

医薬品


排気ガス

検査・治療

水道の水




 抗酸化水としての役割

水素水が注目されるのはなぜでしょうか?
 水素は酸化を戻す強い還元力をもっており、生体内で過剰に発生した活性酸素の中でも弊害の90%を担うとされる、ヒドロキシラジカルを還元・消去し、細胞の酸化・損傷から守ってくれます。(・OHからのH2に対する電子引き抜き反応)
  
 人間が生きていくために必要なエネルギーをつくる時、酸素を活用します。酸素は呼吸によ って取り入れますが、その約2%の酸素は「活性酸素」に変化します。また、上図のような原因によっても、我々は絶えず活性酸素の発生に晒されています。
 体内においても細菌やウィルスが侵入すると、活性酸素が発生し防御する役割を果たすことで、必要なものでもあります。
 しかし、一部は凶暴な活性酸素に変化し、正常な細胞やDNAを傷つけ、様々な病気を引き起こしたり、老化の原因になります。

 下図は、細胞が活性酸素からの攻撃からどのように身を守っているかを説明してものです。水素があることで効果的に攻撃を回避しています。














 ナノレベルの微細な水素だからできること

 水素水に含まれる水素分子は、現在発見されている物質のなかで、最も小さな分子です。
加えて、電解技術によって生まれたアキュエ・ブルー水素水は、バブリング方式の水素水よりもさらに小さい水素粒径、200ナノメートル以下という、細胞よりはるかに小さなサイズの水素です。それらが水中に閉じ込められる形で存在しています。そのため、




(1)長い時間高い還元力が持続する(抜けにくい)

(2)身体の隅々まで素早く到達することが期待できる


というメリットがあります。

仮にアキュエラ・ブルー水素水を300ml飲用したとすると、計算上、60兆個ある細胞一つ一つに対して800万個以上の水素がいきわたることになるのです。
また最近の研究により、水素は細胞膜はおろか、脳内の血液脳関門を通過しできるという数少ない性質をもち併せていることが判明しています。
つまりは素早く身体の隅々まで到達できる物質であるということが解明されつつあります。


お問合せ先関東の方はコチラ
水素水TOP 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue 水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  製品案内  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集





エリア販売店募集




 

認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!


おすすめ!水素の必要性を分かり易
く解説しています


水素水の第一人者 日本
医科大太田成男教授の本