世界初!ご家庭・職場で簡単に       飽和水素水をつくれる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機       アキュエラ・ブルー誕生


水素水TOP水素判定試薬

アキュエラブルー開発中に、溶存水素濃度をより正確に測定する必要性から、MiZ社では新たな定量的分析方法の開発に取組み、この度世界で初めて、水素濃度を簡単に測定できる判定試薬の開発に成功致しました(特許第4511361号)。
この試薬をアキュエラブルー本体に付属させているため、誰もが水素の還元力を納得した上でお飲み頂けます。これほど安心度、納得度の高い製品は他に類をみません。

これまで高価な溶存水素計による電気化学的アプローチとは異なる、この「メチレンブルー滴定法」 (PAT・P)という世界で初めての化学的測定法を利用することにより、これまで困難であった水素の存在を視認により誰もが簡単に確かめられることはもちろん、精度の高い濃度測定を可能といたしました。

青色のメチレンブルー(酸化物質)は水素と結合すると透明になる(これを還元という)性質があ ります。この性質を応用し、メチレンブルーの透明度により水素が存在するかどうかを確認できま す。またメチレンブルーは、消去後空気中の酸素により酸化され、青色に戻ります。

専用容器に6mlの水素水を入れた場合(採取の前に必ずコップ半分程度捨て水して
下さい)、判定試薬(青色)1滴を無色透明にできれば、溶存水素量は0.1ppmです。

(注)
この水素判定試薬液は僅かな水素量では無色・透明にはなりません。 一定の水素量等の条件を満たしていることが必要です。 水素判定試薬とPh測定液はアキュエラブルー本体に付属しております。

 

還元水、アルカリイオン水ではメチレンブルーを還元することはできません。


 ご使用の際の注意事項


メチレンブルーによる水素溶存判定は、PHが飲用できる範囲(6〜10.5)の水であることを確 認の上行って下さい。
飲用できない水での実験は、判定しても無意味です。
以下の飲用に適さない水で判定を行うと、メチレンブルーの青色を透明にすることがありますの でご注意下さい。

【強酸性水にメチレンブルーを入れた場合】
強酸性水は塩化物により次亜塩素酸を生成し、強力な酸化力を持っています。
電解することによりPHが下がるため、正式には強酸性電解水と称します。
したがって、メチレンブルーを酸化による脱色で消去(白濁)させてしまいます。

強アルカリ性水にメチレンブルーを入れた場合】
強アルカリ性水は、強力な電解を行うために溶存水素量は増加します。
従って、メチレンブルーを還元して消去してしまうことがあります。
しかし、強アルカリ性水(強アルカリ性電解水)と電解還元水・アルカリイオン水(アルカリ電解水)とは区別されています。
強アルカリ水は、例えメチレンブルーを消去しても飲用することはできません。理由は、P
H10.5を超える水は、血中のカリウム濃度を増加させ、心臓に過度な負担をかけるから
です(アルカリイオン整水器協議会)。

各メーカーはPL法に基づき、PH10.5以上の還元水、アルカリイオン水を飲用しないように自主規 制をかけ、取扱説明書にも記載しています。



ph値
飲用
「判定試薬」

消去するか否か
「判定試薬」

消去時間
(1)アキュエラ水素水
中性
約3時間
(2)還元水
(アルカリイオン水)
9
×
×
(3)水素水
(マグネシウム原料1本)
アルカリ
×
×
(4)水素水
(容器入り)
中性
5〜20分
(5)強酸性水
3以下
×
する(白濁する)
×
(6)強アルカリ水
10.5以上
×
する場合あり
5分

注)
メチレンブルーの消去は、溶存水素量と溶存酸素量の関係によって決まります。
消去しないこと=水素量0ということではありませんのでご注意下さい。
注)
Miz社開発の水素判定試薬であるメチレンブルー試薬液は、市販の薬局等で販売しているメチレンブルーとは
異なります。メチレンブルーをベースに助剤として白金コロイドを添加するなどして製造されています。



 水素判定試薬のQ&A




Q1.「水素判定試薬」について詳しく教えて頂けますか?

Answer.1
・アキュエラブルーを開発する過程で、誰にでも簡単に水の中に十分な水素が入っているかどうか視認にて確認出来るようにつくりました。


Q2.「水素判定試薬」には何が入っているんですか?

Answer.2
・一般的な酸化還元試薬であるメチレンブルーの中に触媒として白金コロイドなどを入れています。


Q3.「水素判定試薬」で本当に溶存水素が分かるんですか?

Answer.3
・はい、分かります。この水素判定試薬は「メチレンブルーは青色の色素であるが、水素と結びつくと 無色に変色する」という単純な原理・化学の常識に基づいたもので、水の中に十分な水素が入って いれば、この試薬を滴下すると無色透明になります。(これを還元といいます)


Q4.「水素判定試薬」の使い方を教えて下さい

Answer.4
・付属の専用カップに測定したい水を6ml(目印まで)採取します。
・水素判定試薬をよく振ってから1滴入れて軽くかき混ぜて下さい。
・その水に十分な水素があれば真青なメチレンブルー試薬がすぐに無色透明になります。




Q5.無色透明にならなかったら?

Answer.5
・全く水素が入っていないか、入っていたとしても0.1ppm未満の極わずかしか水素が入っていない場合や、塩素等の酸化剤が含まれていると無色透明にならないこともあります。


Q6.無色透明になった後どうなりますか?

Answer.6
・メチレンブルーは還元されると無色になり、酸化されると青くなるという性質があります。
・しばらくすると空気にふれることにより、メチレンブルーと結びついていた水素が空気(酸素)と反応し、再び青色に戻ってしまいます。(これを酸化といいます)
・青色に戻る時間で溶存水素量の多少も分かります。



Q7.この「判定試薬」を使って溶存水素濃度が判りますか?

Answer.7
・1滴が水素濃度0.1ppmに相当しますので、滴下数で何ppmの水素量か判ります。



Q8.溶存水素量は正確に測れますか?

Answer.8
・高額な溶存水素測定器と同等以上に正確に計測出来ます。(特許第4511361号取得済)

・測定の際には試薬をよく振った上で、1滴ずつテンポよく滴下して下さい。



Q9.アキュエラブルーは何滴まで大丈夫ですか?

Answer.9
・飽和水素水にした場合、16~17滴まで無色・透明になります。
 ※計測時にはアキュエラブルーを洗浄し、飽和水素水生成後捨て水してからお試し下さい。



Q10.他社水素水と比較するときの注意点は?

Answer.10
・水素は「光・空気・熱」に大変弱い物質です。
・水温と水量を必ず同じくして比較して下さい。



Q11.「水素判定試薬」を使う時に注意することがありますか?

Answer.11
・必ず、飲用に適した水(PH6〜10,5)に水素が入っているかどうか調べて下さい。
・強酸性水・強アルカリ性水等は飲用出来ませんので無色透明になっても無意味です。



Q12.飲用に適した水(PH6〜10.5)かどうか調べる方法は?

Answer.12
・PH(ペーハー)測定液があります。(1本1,260円で別販売もしています)
 ご購入ははコチラへ

お問合せ先関東の方はコチラ
水素水TOP 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue  水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集





エリア販売店募集





認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!


当アキュエラサロンお奨めの1冊。水素水ももちろん登場します



水素水の第一人者、日本
医科大太田
成男教授の本



活性酸素を取りのぞき、健康サプリとして話題の水素。ニセモノを見わけるための基礎知識と作用、そして水素水、水素化粧品、水素入浴剤の正しい使い方



 


前著『新脳内革命』では、未病、不老長寿のためのレシピを紹介。現在の水素水ブームの先鞭をつけ、レスベラトロール、少食(カロリー制限)効果がNHKスペシャルで報道されるなど大反響を呼んだ。前著の第2弾



アキュエラ飽和水素水をたっぷり浸してご使用下さい