世界初!ご家庭・職場で簡単に       飽和水素水をつくれる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機       アキュエラ・ブルー誕生




水素水の主な生成方法

 現在、市場で見られる水素水の生成方法には以下の3つの方法があります。
タイプ
詳細
水素判定試薬による試験

金属マグネシウム
反応方式






  1. 金属マグネシウムと水との穏やか な化学反応により水素を発生させる 方法。安価であることからスティック 状タイプが多く出回っています。
  2. 原水に水道水を用い、ペットボトル にスティックを入れ水素を発生させます。
  3. スティックは消耗品で一定期間の使用後、新品交換する必要があります。
  4. 同じ原料を用いた錠剤タイプ(発泡 性水素水生成タブレット)もあります。
  5. 本数と投入後時間で、水素量は増える傾向にあるようですが(メチレンブルー試験でも消去することがあります)、アルカリ度が強くなるのが問題点です。
    ※ph10.5以上の強アルカリ水は飲用できません。
消去しない。

2,000〜3,000円位(1本)

-50mv位〜
弱~中アルカリ性
約0.1ppm〜
バブリング(圧力)方式





アルミパウチ

※写真は、以前アキュエラ電解槽を使用して製造していた真・水素水の容器
  1. 工場生産タイプで、不純物を取り除いた純水に適度な圧力下で水素ガスを溶し込む(バッキさせる)ことで作ります 。
  2. 水素が抜けにくいアルミ缶やアルミパウチ容器充填保存します。
  3. 製造後、時間の経過とともに水素量は減少します。飲用時には表示されている濃度より低いと考えられます。また、同じ製品でも品質にバラツキが生じ易いです。
  4. 保存状態は、アルミ缶>アルミパウチ>ペットボトルの順。ペットボトルは、水素分子が簡単に通過し、数時間〜数日程度しか水素は維持できません。
  5. (参考)ご家庭用のサーバータイプにて水素ガスを発生させ、水やジュースなどにガスを溶かし込むものもあるようです。

消去する

約200円〜(300ml換算時1本)
‐100mv〜-600mv位
6.0~8.5位
充填時1.6ppmの製品もあり。
(製造日から水素量が減少する)
電気分解方式
アキュエラブルーなど

 

   アキュエラ・ブルー

 

 

  1. 電気分解によって水素を発生させ、水に溶かし込みます。電解には有隔膜と無隔膜方式(陽極陰極室の堺がない)がありますが、アキュエラ・ブルーは前者タイプで、疑似陽極室を作ることで陰極水(水素水)のみが生成される独創的電解方式を採用しています。

  2. これまで有隔膜で電機分解された水は電解還元水(アルカリイオン水)と呼ばれて飲用に供されてきました。

  3. 電解方式の水素水生成機は現在数種類ありますが、発生させた水素を効率よく飽和状態まで溶かしこめるのはアキュエラ・ブルーのみです。

  4. 無隔膜方式の生成機では、酸性水とアルカリ性水とを分けずに混合させることでPHを中性領域にたもった水素水を生成させますが、飽和濃度には到底届きません。

 

即座に消去する
《他の電解方式の水素水サーバー》
価格:約5~22万円(定価)
還元電位:-100~-500mv位
PH値:弱酸性~弱アルカリ性
水素量:0.1~1.6ppm

<お試しください!youtubeでご覧いただけます>
アルミパウチ式や電解方式、バブリング方式などで生成される水素水の水素濃度判定試薬を用いた実験様子がyoutubeでご覧頂けます。(youtube内で「水素水 メチレンブルー」にて検索)

真っ青なメチレンブルーが水素により還元され無色・透明になります。溶存する水素が還元に使用され少なくなると同時に表面が酸素に触れることで徐々に酸化し青色に戻る様子が見て取れます。

注)
一部映像にて、無色透明になったメチレンブルーが再び、青色に戻るまでの時間によって水素量を類推するものがございますが、戻り時間は水素水の水温により大きく変化しますので、測定するには水素水を一定温度にて測る必要がございます。


注)現在弊社にて販売しております「溶存水素濃度判定試薬」は、試薬1滴が水素濃度0.1ppmに換算され、何滴目まで無色になるかで水素濃度を正確に測定できます。


水素水のこと勉強して賢くなろう


Q1. ネットに水素水生成器が数多く載っていますが、購入する時の注意点を教えて下さい。


 

 

Answer.1
無知な一般消費者を惑わしたり、騙したりしている水素水メーカーも数多く見受けられます。例えば、国際特許取得・・・なら、
@どこの国の特許で、 A 特許番号・・・も載せるべきで、それが出来ないということは、自ら嘘だと公言しているのと一緒だと思って言いと思います。

Q2.まだ、他にありますか?

Answer.2
水素が、どれくらい溶存していたら、水素水と言っていい・・・という定義がないことを逆手に取って、ただの還元水(従来のアルカリイオン水)を、水素水を超える水素水・・・とか言って、消費者を惑わしているものもあります。・・・・気を付けましょう!!

Q3.容器に入った水素水を購入する時に注意することを教えて下さい。


Answer.3
ポイントは、製造して1ケ月以内の物を買うことです。  水素水はどんな容器に入れても月日と共に抜けていきます。例えば、30本購入したとして、飲み終える迄に何日か、何十日か経ってしまいます。製造して、3ケ月後は、溶存水素量は半分以下になっていることが多いと思って下さい。

容器入り水素水を飲まれている方は、製造時より水素の抜けた水素水を製造時の価格で買っていることになります。最近このことについての疑問の声を多く頂いております。

          
          

Q4.容器に入った各社の水素量の比較は参考になりますか?


Answer.4
もうお分かりのように、比較する時は、せめて、製造月位同じなら分かりますが、そうでなければ、あまり当てにしない方がいいと思います。

Q5.ズバリ!!本物の水素水か、偽物の水素水かを見破る方法がありますか?


Answer.5
弊社が販売しておりまた、電解飽和水素水生成機「アキュエラ・ブルー」にも付属している「溶存水素濃度判定試薬」は、別売り(1本;1,575円,税込)もしていますので、 是非試してみて下さい。※溶存水素濃度判定試薬液のご購入はこちら
Q6. 酸化還元電位が低い(マイナス)と水素濃度が高いのですか?

Answer.6
一般の方はそう思いがちですが、酸化還元電位と水素量は必ずしも比例していません。
Q7.アキュエラ・ブルーは、どうなんですか?

Answer.6
アキュエラ水素水は、他社が真似が出来ない特許電階層を使っている為、 酸化還元電位も−600mV,? 水素量も1,6ppmと、史上最強の水素水サーバーです。

 



活性水素水について

現在、活性水素水(奇跡の水、抗酸化水)と称される水や、それらの水を作る という生成器が出まわって久しいですが、それらは科学的に証明されたものではありません。(現在電解還元水生成器(アルカリイオン水生成器)のみが厚生省(当時)により「医療用物質生成機」として規格化されています。)
仮にそれらの水に本当に活性水素が入っているのなら、弊社にてご提案する水素判定試薬 「メチレンブルー」という標準的な酸化還元試薬の溶液の青色(酸化色)を透明(還元色)に変え
ることができるはずです。

これは化学の常識です。しかし私どもの知る限り、これら活性水素水とされる水には水素判定
試薬を透明にできる水はどこにもありません。


「活性水素」という表現は「活性酸素」と向き合う言葉の収まり上、用いられているに過ぎませ
ん。活性水素とは水素原子のことを言いますが、原子の状態では水素は水の中に安定的に存
在することはできません。このことは科学的仮説すら成り立ちません。
 

ただ理屈を言えば、水にではなく、ミネラルや金属コロイドに水素が原子状に吸着していること
は絶対にないとは言えません。

しかし、たとえあったとしてもそれは高度な分析技術を駆使しても検出できないほどの極々微
量であって、とても体内の活性酸素と関連づけて論じるレベルのものではありません。詭弁で
す。
また、水素(分子)は人の体内のある種の腸内細菌がもつ水素分解酵素(ヒドロゲナーゼ)によ
って活性水素(水素原子)になるという言説が流布されていますが、これも誤りです。水素原子
に分解されるのは細菌の体内においてのみであり、原子として利用できるのは細菌であって
人ではありません。

私達が提唱する「水素水」とは水素分子を溶存させた水のことで、水素分子を水の中に溶存さ
せることは当然可能です。活性水素(水素原子)と水素(水素分子)の混同は避けねばなりませ
ん。

21世紀は本物のの時代と言われています。そろそろ私達のかけがえのない水についても真贋
を峻別する目が求められています。




水素量の表記について

容器入り水素水や水素水生成器における水素量の表記は概ね3種類です。

【1】 ppm=1/100万 (水中にある水素量の割合値です)

水温20℃中の飽和水素量は1.6ppmと理科年表に記載されていますが、アキュエラ・ブルーでは1.6ppm以上あったと各方面から驚嘆の声を頂いております。

※mg/Lはppmと同じ表記です。

【2】 ppb=1/10億

例えば、3ppbと表記されていた場合、ppmに直すと0.003ppmとなりとても水素水と呼べるレベルではありません。

【3】 ppt=1/1兆

例えば、3,000pptと表記されていた場合、ppmに直すとこれも0.003ppmになります。

このように容器に表示されている水素量も様々ですし、その容器に表示されている水素量も製造日から1ヶ月後・2ヶ月後・3ヶ月後・・・と水素量が大きく違ってくるのが現実です。



お問合せ先関東の方はコチラ
水素水TOP 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue  水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  製品案内  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集



商品パンフレット

エリア販売店募集







認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!



当アキュエラサロンお奨めの1冊。水素水ももちろん登場します。



水素水の第一人者、日本
医科大太田
成男教授の本


水素についてより詳しく学びたい方に。東大のイオン研究第一人者による水素と電子