世界初!ご家庭・職場で簡単に           飽和水素水を作れる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機     アキュエラ・ブルー誕生


【 解説 】
 上の図は2.8V(ボルト)の青色発光ダイオードの点灯実験です。点灯させるためには2.8V以上の電圧と25mA(ミリアンペア)程度の電流が必要です。ここに陽極室と陰極室からなる電解槽を三層直列に並べ、陽極室に水道水、陰極室にアキュエラブルー電解水素水を50ccずつ満たし、LEDを接続すると点灯します。3つの電解槽で水道水と水素水の還元電位差がそれぞれ1Vで合計3Vの電圧が長時間得られます。このことにより、アキュエラ・ブルー電解水素水が、各電解槽につき、1Vの電圧を担保するに足る低位の酸化還元電位(水道水+400mVに対し-600mV)を有していること、並びに必要電流を担保するに足るだけの電子、すなわち陰極表面上でスプリットされ、その電子を外部回路に放出する水素分子を溶存させていることが示されました。
また、同程度の酸化還元電位を持つよう調整された強アルカリ水を負極活物質として用いても青色発光ダイオードは点灯しないことから、アキュエラ・ブルー電解水素水がもつ還元力を示す指標として、溶存水素(DH)濃度が本質的なものであることが確認されました。


アキュエラブルー1ヶ月間飲んでみませんか。

 


お問合せ先関東の方はコチラ

水素水top
 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口 特許技術 製品案内 aquela blue 水素判定試薬 電解槽の仕組み 青色LED実験 電解水素水の性質 製品案内 Q&A お問合せ  オンラインショッピング
 会社概要 プライバシーポリシー
販売店募集

アキュエラブルーが掲載されたチラシです

アキュエラサロンで作成したパンフです

エリア販売店募集中です

MiZ株式会社ページへ



認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!



当アキュエラサロンお奨めの1冊。水素水ももちろん登場します。



水素水の第一人者、日本
医科大太田
成男教授の本


水素についてより詳しく学びたい方に。東大のイオン研究第一人者による水素と電子