世界初!ご家庭・職場で簡単に       飽和水素水をつくれる待望のマシーン

      電解飽和水素水生成機      アキュエラ・ブルー誕生




【 解説 】
ここでは、これまでの電解還元水(アルカリイオン水)で使われている電解槽と異なるアキュエラ・ブルー独自の新型電解槽について解説します。
 アキュエラエンジン(電解槽)の陽極板と陰極板に電圧を印加してやると、陰極室と水膜のそれぞれで陰極室反応と陽極室反応が起ります。陰極室では、水分子が陰極板から電子を受け取り、水素分子となって陰極室中の電解水に溶け込みます。それにより溶存水素濃度があがります。同時に、MiZ電解層では陽極板と隔膜がほぼ接触しているため、水膜に生成されたH+イオンは、陽極板に電気的に反発するかたちで隔膜方向に移動します。その一部が隔膜を通過し陰極室に入り込み、陰極水中のOH−イオンと反応して水に戻ります。このように陰極室中のOH−イオンの一部が中和されることにより、陰極水の液性は中性領域に収束するのです。陽極反応として水膜中に生成された酸素分子は、陽極板の通気口から大気に放出されることになり、さらに陰極室で発生した水素が酸素を追い出すため、溶存酸素濃度が下がります。

中性系高濃度電解水素水生成のための電解槽構造についてのレポート

お問合せ先関東の方はコチラ
水素水TOP 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue  水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  製品案内  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集



商品パンフレット

エリア販売店募集








認知症の正体は脱水だった!一日1500ccの水分摂取の習慣こそが認知症予防の大きな力になる!


当アキュエラサロンお奨めの1冊。水素水ももちろん登場します。



水素水の第一人者、日本
医科大太田
成男教授の本


水素についてより詳しく学びたい方に。東大のイオン研究第一人者による水素と電子