超高濃度水素水サーバーアキュエラブルー正規代理店








 《業界の未来を私たちは危惧しています》

 

お問合せ先関東の方はコチラ





水素水Q&A



アキュエラテクノロジー


水素水TOP

アキュエラブルーは、身体に優しい中性でありながら、溶存限界濃度である飽和水素水を生成できるサーバーで、簡単な操作で高濃度水素水を作りだします中心部品に、130件以上の特許を保持し、水素分子の医療用研究を行うMiZ株式会社開発による電解槽を組込んでいます。



■溶存水素量を計測中の様子 (1.6ppm以上)



■電解飽和水素水生成機 アキュエラブルー (HEM-1500)
販売価格 306,720円(税込)


アキュエラ・ブルー商品案内へ

アキュエラブルー10のポイント

@
水素分子の研究を行うMiZ社開発の特許電解槽を搭載。原水のph値(中性)を変えずに還元電位を低減化、初めて水素濃度を飽和状態まで高めることに成功。
A
還元電位−600mv、溶存水素量1.6ppm(1,600ppb)は溶存限界値であり、業界トップクラスの高性能を有しています。
B
水素が溶存していることを目視で確認できる。水素溶存検査キッド(メチレンブルー試薬液)を本体に付属納得の上飲用いただけます。
C

電解によって、還元水器のように酸性水、アルカリ性水の両方を生成せず、中性領域の高濃度水素水のみ生成しますので、原水のロスがありません。

D
生成に使用する原水のミネラル分は一切損いませんので、ミネラル水素水が簡単に生成できます。
E
水道との直結タイプでなく、コンパクト設計にてもち運びにも簡単。塩素のとれた水さえあれば、世界中どこでも同一品質の水素水が生成可能です。
F
真似のできない独創的技術と最高級の原材料(国内製の電極板と米国社製のトップレベルの隔膜)を用いることで初めて製造が可能に。(定期交換が必要なカードリッヂ・フィルターはありません)
G
心臓部の電解槽は、毎日4リットル生成しても8年以上の耐久性を持ち持ち合わせています。
H
生成は簡単で、原水を入れスイッチを押すだけ。約40秒間で800mlの高濃度水素水が出水。(飽和水素水はスイッチを押すと5分自動循環電解して生成します。)
I
特許技術のアキュエラ電解槽などを用いた、論文の発表や大学などの機関にも技術の提供を行っております。

 

お問合せ先関東の方はコチラ


 

アキュエラブルー水素水は飲み口が軽く美味しい
寝起きや空腹時、激しい運動の後などには特に美味しく頂けます。作りたての水素水にレモンやライムを絞って(市販の濃縮レモン原液を入れて)お飲み頂くと、さらに美味しく頂けます。青汁やアミノ酸などを溶かしても美味しいです。

  レモン水

お問合せ先関東の方はコチラ


   
  食べ物の酸化還元電位
(上図:食べ物の酸化還元電位。水素が最も還元力が強い)

圧倒的な高濃度(=超還元力)を成し得た実力派サーバー

 家庭向けの水素水サーバーは、高濃度状態で安定して生成し続けることが難しいために、未だ少数の製品しか市場に流通しておりません。また、流通しているサーバーも水素の発生方法で各社違いがあります。現状ご利用者の多くは、工場充填生産された消耗品の容器入りのものを飲まれています。
 アキュエラブルーは、水素分子の研究開発を行うMiZ社製の画期的な電解槽(特許保護された技術と高品質の原材料を用いた電解槽)を搭載することにより、電解による電気エネルギーを効率良く水素へと変換します。これにより不可能とされてきた、中性領域を保ちつつ、飽和(1.6ppm=1,600ppb以上)濃度の水素水をご家庭で誰もが簡単に生成できることを可能にしました。

 既存の電解還元水生水器(アルカリイオン水
整水器)で使用されている従来の電解技術ではこれほどの水素を溶存させることはできません。既存の電解還元水やアルカリイオン水と比較して10〜16倍の濃度で、しかも身体に優しい中性です。
※上図●印がアキュエラ・ブルーの還元力。


Ph値
酸化還元電位
(ORP)
水素濃度
(DH)
カードリッヂ
交換
アキュエラブルー 
(1回電解)
中性領域
-500mv


0.8〜1.0ppm

(800~1,000ppb)

必要なし

アキュエラブルー
(飽和濃度)

中性領域
-600mv


1.6ppm以上
(1,600ppb)

同上

電解還元水
アルカリイオン水

アルカリ性
-100〜-200


0.05〜0.2ppm
(50~200ppb)

半年〜毎年

原水を入れてボタン一つで高濃度水素水ができる

アキュエラブルーで水素水を作る方法として、通常の生成モードと飽和モードの2種類があり、通常モードは連続して毎分1.3〜1.5リットル、飽和モードは5分間の自動的にで800ccの飽和水素水を生成しくれます。

 気分によって濃度を調節した水素水を手軽に作れます。原水のミネラル分など、性質を変えることもありません。味はまろやかで、とっても美味しいです。

他の水素水と比してもその水素濃度の違いは一目瞭然。(下図) 最も多く見受けられるマグネシウム原料のスティックタイプは、濃度が低く、水素判定試薬液をクリアできません。
また、ペットボトルやアルミ容器入り水素水での濃度は製造時点であり、流通時の時間経過により、飲用時には濃度が低下します。

 

 
  高品質の水素水が作れます

お問合せ先関東の方はコチラ




電気ポットのスペースがあればどこでも設置できる
アキュエラブルーの特徴の2番目は、水道直結でないことです。(直結工事は不要)軽量設計で コンセントひとつでリビングにでも設置可能です。

コンパクト設計

 本体上部のポッドに塩素のとれた水(浄水)またはミネラルウォーターを注ぎ、スイッチを押すだけ。すぐに高濃度水素水が生成されます。1回で800ml。

病室や介護施設、美容院、ペットショップなど、特に水素水へのニーズが高い場所に即座に対応できるというメリットがあります。

 また、本体正面は、美しいクリアブルーのLED照明が約1分間点灯し、インテリアとし てもお楽しみ頂けます。

お問合せ先関東の方はコチラ


ご購入前に、ご納得のいくまで高濃度水素水をお試し頂けます
ご購入の際には306,720円より10,000円を値引きした上で、別途新品をお送りします。従いまして、機械の使用に伴う1ヶ月分のランニングコスト(洗浄液代金+機械の摩耗・消耗費)は、当社負担(お客様にとりましては無料でお試し頂ける)こととなり、お値打です。

水素水サーバーの力を体験できます

お問合せ先関東の方はコチラ


アルミパウチ、アルミ缶容器のコスト対効果
 現在、 アルミ缶やアルミパウチの水素水が数十種類以上販売され、容量で300ml〜500ml、価格は200円台から、概ね300〜500円の範囲です。お問合せ頂くご相談の中からも水素水を今現在飲まれている多くのお客様が、コスト面での不安を抱えています。
仮に1本300円としても、 毎日朝晩1本、1日2本飲むと毎日600円、1ヶ月18,000円の出費となります。 これでは費用的に現実的ではありません。しかも、容器入りは製造から2か月、4か月と経過すると、必然的に中の水素が抜けていきますので、 飲用時にはかなり濃度が低下していると考えれます。
 容器に記載されている水素濃度は充填時の値です。我々の測定では、飲用時には製造時と大きく数値かけ離れているものが多く存在します。
また、電解還元水器(アルカリイオン水整水器)と比較した場合、これらの整水器には半年~1年ごとにカードリッジの交換が必要で維持費が気になります。
 

水素水を毎日続けていくためのポイント

水素濃度ができるだけ高い状態のものが飲めること
ph(酸性・アルカリ性)が身体に負担のかかりにくい中性領域であること
カードリッヂやメンテナンス部品を含め、日々のコスト負担が少ないこと
ご本人様以外のご家族でもお飲み頂けること

とするならば、アキュエラブルーがどれだけ優れているかににお気づきになるはずです。

衛生面でも安心な、メンテナンスキッドでご自身で洗浄可能

アキュエラブルーには、カードリッヂ交換や業者による回収クリーニングなどはありません。衛生面でも安心な、お客様ご自身でメンテナンスの可能な洗浄機能がついています。維持費として必要な、別途洗浄液+電気代+水道代は、毎日4リットル生成で1日30円程度です。

@洗浄液

1本(約4ヶ月分)

@+Aセットで
1,296円(税込)
Aクエン酸

クエン酸3ヶ

当店にてアキュエラブルー本体をお買い頂きました方にはクエン酸を5ヶお付けいたします。

【メンテナンス@~洗浄・除菌編~】

【メンテナンスA ~クエン酸洗浄編~】 




水素判定試薬液は特許を取得いたしました


   溶存水素判定試薬

 あなたのお飲みの水素水は本物ですか?
誰もが水素を目視で確認できる、画期的な水素判定試薬液の開発に成功いたしました(特許第4511361号)

水素の還元力を利用した飲料水や、タブレット錠剤などのサプリメントが多数市場に出回っておりますが、本当に還元力に足る水素が溶存しているのかどうかを消費者自らが確認する術はありませんでした。 水素は全ての原子の中で最も微細な物質であり、これまでは確かな研究者が、高価な溶存水素計を用いて調べない限り、その存在を確かめるのは極めて困難でした。



MiZ社がアキュエラ・ブルーの研究過程で開発し、特許取得に至りました水素判定試薬メチレンブルーは、水素の還元力を利用し、その色彩の変化で誰もが一目でその存在を確認できます。もちろん他の還元水やアルカリイオン水で判定することも可能です。

お飲みの水素水の中に本当に還元力に足る十分な水素(もしくは活性水素)が存在すれば、判定試薬は、青色(酸化色)から即座に無色透明(還元色)に変化します。その後、酸素に触れることで徐々に酸化し青色に戻ります。

水素判定試薬液はアキュエラ・ブルー本体に付属されていますので、ご納得の上、お飲み頂けます。
判定試薬1滴で溶存水素量0.1ppmです。(専用容器に6ml入れた場合)
お問合せ先
関東の方はコチラ



ご購入をご検討されてい方に、こちらもご確認下さい。
  
オンラインショッピングでのご購入の方はご確認下さい。
詳細はこちら 
各種クレジットカードをご利用頂くことで、分割払いにも対応しております。
各種クレジットのご案内

アキュエラブルー商品内容
アキュエラブルー商品内容

@本体(HEM-1500型)
A取り扱い説明書(1冊)
B取り扱いダイジェストシート
C保証書(1年間)
D計量ビーカー(1リットル)
E専用保存剤(粉末) F計量スプーン
G専用洗浄液(40回分) Hクエン酸(6ヶ)
IPH測定液セット
J性能判定試薬(メチレンブルー試薬液)
K専用コンセント
Lその他(オリジナル6大プレミアム特典付
他店にはない、完璧なアフターフォロー体制で納品致します。

お問合せ先関東の方はコチラ

水素水TOP 他の水素水との違い ご購入ご相談窓口  特許技術  製品案内  aquela blue  水素判定試薬 電解槽の仕組み  青色LED実験  電解水素水の性質  保証メンテナンス Q&A お問合せ  オンラインショッピング会社概要  プライバシーポリシー  販売店募集



商品パンフレット

エリア販売店募集